▼TOPに戻る
インフォ 小松未歩さんについて 小松未歩さんの楽曲 その他の情報 MFMデータ リンクなど
c/w
・Remix
13thsingle とどまることのない愛
4thアルバム発売後、最初のリリースとなった13thシングル。編曲:大賀好修
シングルとしては初のノンタイアップ作品です。
歌詞によりリアルさが加わり、楽曲の雰囲気の変化を感じた4thアルバムから
また一歩新しい表現に挑戦したような印象を受けるポップな1曲。

未歩さん自身が「聴いてて元気になれる曲」を、と制作に入られたというように
夏の訪れを感じさせるような爽やかな音使いが心地よいです。
歌詞では、忙しい恋人にちょっとした寂しさを感じながらも
それでもとどまることなく溢れ出る「好き」という気持ちをひたむきに持ち
彼を待ち続ける主人公の姿がとにかくかわいくてキュンとします(笑)

例えるなら「仕事と私どっちが大事なの?!」みたいなことを
つい言ってしまいがちなシチュエーションでもあると思うのですが、
この曲の主人公は決してそういうことは言わないんですよね。
でも諦めとか拗ねとかネガティブすぎる感情は感じない。
不安はないとは言えないけど、相手との信頼関係が成り立っているから
きっと大丈夫!みたいな決心のようなものを感じて芯の強い主人公なんだなと感じます。

タイトルに「愛」と入っていますが、
もし歌詞の内容が「会いたい会いたいなんで会えないの?」みたいな感情全開だと
それは「愛」とはちょっと違うんじゃないかな、と思います。
自分の欲求はありながらも、相手をしっかり見つめてお互いを尊重できる関係だからこそ
「愛」というフレーズがしっくり当てはまっているように思います。

オフィシャルサイトの手書きセルフライナーノーツには
「日々移り変わる景色の中で自分に何かできるのかを模索しながら・・・(略)」と書かれていますが
恋愛だけにとどまらず
日々感じる嬉しい気持ち悲しい気持ちや、楽しい出来事やるせない出来事を
自分が過ごす一瞬一瞬にしか感じることのできないもの、と前向きに捉えて
この曲の主人公のようにひたむきに生きられたら素敵なのではないでしょうか。
自分の周りの人・ものを大切にしながら変化を恐れずに進むことができたら・・・
未歩さんの描く歌詞から一貫して感じる意思がここでも感じられるように思います。

1ページ進む