▼TOPに戻る
インフォ 小松未歩さんについて 小松未歩さんの楽曲 その他の情報 MFMデータ リンクなど
c/w
・Remix
12thsingle Love gone
10thシングル『あなたがいるから』、11thシングル『君の瞳には映らない』に続く
恋愛3部作のラストを飾った12thシングル。編曲:大賀好修

冬の季節感たっぷりの失恋ソング。
「やっとここら辺で“らしさ”を強く意識しながら、曲作りできるようになったのではないでしょうか」
とベストアルバム発売時にご本人がコメントしているように
細かく上下する美しいメロディと切ない歌詞の組み合わせは
まさに未歩さんの十八番!と言えるシングルではないでしょうか。

抽象的で各々のイメージに委ねるような言葉選びが多かったこれまでのシングルに比べて
心情描写だけでなく風景描写(公園やショーウインドウ)が度々出てくることもあって
場面を想像しながら歌詞のストーリーを追える所もこの曲のポイントです。
恋(愛)が終わる予感に心がざわめいて悲壮感に暮れる主人公は
「あなた」とふたりで恋(愛)の行方に答えを出すのではなく
ひとりで強がっているような言葉を紡ぎます。

恋(愛)が終わっていくことを解ってはいるけれど
結局その事実を一番受け入れられていないのは主人公自身で
最後の歌詞の「遅すぎた告白」は本当は「独白」なんじゃないかと思ったり。
歌詞の中で最初から最後まで、愛している相手への想いを歌っているのに
なぜか「あなた」の輪郭がはっきりしない、ぼやけたイメージを感じます。
それはきっと「あなた」がもうこちらを振り向いてくれないと解っているからではないかな、と。

個人的に「愛してた あなたを誰よりもずっと」の部分は
それまで抑えていた本心がぐわっと溢れてきたようで
涙目で唇をかみ締めながらそっとつぶやく姿を想像するとかわいそうでただただ泣けます(妄想)。

4thアルバムにはAlbum mixで収録されており
基本的なアレンジはそのままですが、未歩さん自身によるコーラスが豪華に増やされていたり
しんしんと冷えるようなシングルverと少し雰囲気が変わり
花びらが舞い散るような可憐さがアップしているように感じます。
是非どちらのバージョンも聴いてみて欲しいと思います。
アレンジ面ではアウトロで聴ける大賀さんのアコースティックギターが聴き所のひとつ。
ぜひあと数分ずっと弾いているのを聴いていたい素敵なギターです。

1ページ進む