▼TOPに戻る
インフォ 小松未歩さんについて 小松未歩さんの楽曲 その他の情報 MFMデータ リンクなど
c/w
・Remix
5hsingle チャンス
民放の人気番組で平日の毎朝しかも1年間流れる、という超優良タイアップがつき
オリコンでも初登場・最高位共に3位というシングルでは最高位を記録した5thシングル。
編曲:古井弘人

未歩さんの全シングル作品の中で唯一カップリング曲が収録されていません。
オリジナルカラオケとの2曲収録のため、価格も500円と全パッケージ中最も安いです。

当時の紹介記事で盛んに「UKロック」「UKテイスト」と紹介されていましたが
乾いたギターやドラムがしっかり鳴っているバンドサウンドに
未歩さんのふわっとしたボーカルが乗るバランスが不思議だけど絶妙だと思います。
アレンジや歌詞が違うTVバージョンが存在している、とオフィシャルでも紹介されていますが
歌詞が違うかどうかはBGMとして流れていたこともあり検証はちょっと難しいかも・・・。
アレンジ違いについては、一時期youtubeに「TVバージョン」として誰かがアップしたPVが存在していました。
そちらはキーボードメインの軽快なアレンジで、なかなかかわいい仕上がりでしたが
発売時に「明るいだけの曲ではない〜略」とコメントされていたり
ベスト発売時には「真逆の暗〜い気持ちで制作していた〜略」とライナーノーツで語られていたりと、
製品版のアレンジではそんな一筋縄ではいかない心模様が表されていたのかな、なんて思っています。
ロックを売りにしていない女性歌手で冒頭からギターのハウリングが入るアレンジってなかなかないと思います。

歌詞については特に「コンプレックスも武器になる」が好きなのですが
「コンプレックスも好きになれる!好きにならなきゃ!」
「コンプレックスを気にしないで前に進まなきゃ!」って目線じゃないのがしっくりくるのです。
例えばその「武器」で自分が傷つく時が多いとしても
自分以外の誰かに評価されたり好きって言ってもらえたりするかもしれないし
その場に応じて隠してみたりアピールしてみたり強みにも弱みにもなり得る、と言いますか。
そう考えるとコンプレックスも含めて自分のことを認めてあげられるんじゃないだろうか、と。
未歩さんの歌詞や考え方に共通する「見方を変えてみる」という目線が好きなのです。

つい明るいだけの曲ではない、というところに注目してしまいましたが
曲の雰囲気としては聴いているうちに「よし、今日も頑張ろう」と素直に思えるような
1日の始まりに背中を押してくれる、心に朝陽が差し込むような応援ソングだと思います。
このシングルから『さよならのかけら』の辺りまで多く見られる
ひずんだギターが印象的なロック寄りなアレンジも(※もちろんそうじゃない曲も有)
未歩さんの音楽性や表現の変化のひとつとして楽しめる要素になっていると思います。

1ページ進む