▼TOPに戻る
インフォ 小松未歩さんについて 小松未歩さんの楽曲 その他の情報 MFMデータ リンクなど
c/w
・Remix
1stsingle 謎
小松未歩さんにとって記念すべきデビューシングル。編曲:古井弘人
名探偵コナンのOPとして97年4月7日から98年3月23日のシリーズ最長期間ONAIRされ、
発売から15年以上経つ今でも「コナン君といえば小松未歩」(逆もあり)という人も多い超代表作。
メロディの勢い・曲全体のスピード感が心地よく、そこにパズル的に組み合わさった歌詞との相性がくせになります。

コナン君のタイアップコンペのために作られたといい
特にOPで流れる部分はコナン君の世界観をかなり意識して書かれているようで
「君はまだ 疑うことなく〜」の部分は、正体を隠して蘭に接するコナン君目線、などと想像するのも楽しいです。

有名なこの曲ですが、同時に「歌詞が難解」という意見もあり
このサイトとは別に個人ブログをやっているのですが
いまだに検索ワードに「謎 解釈」とか「謎 意味」が引っかかってきたりします。

2番のサビのように「私」が恋をしている相手が「謎めいた人」なのかもしれないし
そもそも「私」は「恋」をしているのかどうかが謎だ、とか
「あなた」へのこの伝えようのないこの気持ちそのものが「謎」なのかもしれない(意味不)とか
私もいろいろ考えてみたのですが、いや待てよ、と思ったことがありまして。

歌詞って人によっては「この歌詞はこんな世界観なんです!」とか
「実はこんな裏設定や比喩表現があって探してみてください!」みたいに書く人もいると思いますが
未歩さんの歌詞は基本的にそういうタイプではないと思います。
未歩さんが以前「この曲はこういう曲です」って自分で決めつけたくない、
というコメントをされていた、というのもありますが
私が思う未歩さんの歌詞の魅力というのは
悲しい歌であっても歌詞のワンフレーズに勇気を与えられたり
明るい歌であってもその中のワンフレーズが心に突き刺さったり
昔は分からなかった表現や気持ちが何年か後になって分かるようになったり
共感したりそんな考え方もあるんだって気づいたり
歌詞と聴く人の心が自然に歩み寄っていくような、
聴く人が言葉を自由に感じられる余白を与えてくれるようなさりげなさがある、そういうところだと思うのです。
後期の曲にはストーリーがはっきりしている曲が増えてくるように思いますが
特に初期の曲は「どういう意味があるか」にこだわるだけじゃなくて
「この言葉の選び方が好き」、みたいに自分の琴線にふれるフレーズを探してみる、
という楽しみ方をおすすめしたいと思います。

1ページ進む